2009年05月30日

ダイビング

福岡、ダイビング、福岡、ダイビングで始まるブログ。
 
地球温暖化に伴う水温上昇で、21世紀末にはサンゴの生息域が青森・岩手沿岸まで北上する一方、南西諸島ではサンゴの大量死を招きかねない水温上昇が毎年のように起こる可能性があることが、北海道大と環境省の解析で分かった。
サンゴ生息の北限は現在、新潟県佐渡島や千葉県沿岸。

らしい。
温暖化は、福岡の海を潜っていても、
なんとなく分かる。
posted by パナス管理人 at 18:09| Comment(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。