2009年07月12日

ダイビング

福岡、ダイビング、福岡、ダイビングで始まるブログ。
 
エチゼンクラゲが長崎・対馬沖で大量に見つかり、巨大化した群れが3年ぶりに鳥取県沖に流れてくる恐れが高まった。
らしい。
2年間減ってた理由もわからず、増えた理由もわからない。
中国の環境汚染は毎年のことだし、地球の温暖化も毎年のことだし。
他に原因があるかもね。
そして、
白浜町沖約1キロに位置する四双島の周辺海域に生息するサンゴ群落に、サンゴを食害するオニヒトデが異常発生していることが、和歌山大学と環境団体の調査で分かった。
らしい。
自分のダイビング技術をもって、駆除に協力したいが、福岡からではちょっと遠いな。
異常発生の原因を探ることも重要だと思う。
天敵が減ったか、繁殖良好な環境になってしまったか、
どちらかだろう。
 
いずれにしても人間の生活が影響を与えてるだろうな。
posted by パナス管理人 at 01:08| Comment(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。